任意売却について

エストリアルティでは、任売売却を行っております。

任意売却(任売)とは、当初の計画通りにローンの返済ができなくなった時に、借り主側が有利になるように任意で、対象物件の販売を進めることです。

多くのケースで、競売よりも有利な条件で販売することが可能です。

※ケースにより異なりますので、詳しくはご相談ください。

 

下記にあてはまる方は、任意売却を行うことで、メリットが生まれます。

任意売却と競売の違いは?

任意売却と、競売では様々な部分で、物件の持ち主にとって結果が大きく異なります。

 

1.売却価格に違いがでます。

競売では、市場価格より最大5割り程度安い価格となってしまいます。

一方、任意売却では、競売よりも高い価格で売却することが可能です。その分、返済できる額が多くなります。

 

2.自分で売却時期を調整することができる。

競売では、裁判所から執行官が来て、手続きを進めていきます。

この場合は、いつ誰に落札されるかが不明で、退去時期もわかりにくく大きな負担となります。

 

3.計画的に進められるので、再スタートのプランが立てやすい

債権者に対して返済意思があるため、任意売却後の債務免除・圧縮の話がすすみやすく、債務者にとって大きな負担軽減となります。

 

 

 

上記のように、任意売却は債務者にとって、大きなメリットがあります。

任意売却にお悩みのお客様は是非、お問合せください。

任意売却に関するご相談